2023年度計量生物セミナー
「ベイズ推測と臨床研究への応用」

主催: 一般社団法人 日本計量生物学会

1.概要

日時

2023年12月14日(木),15日(金)

開催形式

ハイブリッド開催(現地・Zoom Webinar)

現地会場

中央大学後楽園キャンパス5号館
5534教室(2日目午前まで),5135教室(2日目午後)

会場案内図
参加申込 参加者ポータルへ

参加費

日本計量生物学会員(一般)
¥6,000
日本計量生物学会員(学生)
無料
日本計量生物学会非会員
¥15,000

※非会員の方が参加登録時までに学会へ入会いただく場合には,会員参加として受付をします.入会については日本計量生物学会 HP(http://www.biometrics.gr.jp)をご覧ください.なお,日本計量生物学会では学生会員の年会費は無料です.
日本計量生物学会は免税事業者のため,インボイス非対応となります.

定員(参加登録時の先着順)

1) すべてオンライン(Zoom Webinar): 300名
2) 2日目午前まで現地参加+2日目午後はオンライン(Zoom Webinar): 200名
3) 終日現地参加: 100名
※ 会場の都合で2日目午後の現地参加枠が100名に限定されますこと、ご了承ください。

オーガナイザー

野村 尚吾(東京大学),横田 勲(北海道大学)

運営委員

川口淳,口羽文,竹内文乃,長谷川貴大,横田勲

2.企画のねらい

近年,臨床開発のさらなる効率向上に向け,ベイズ推測に基づくデザイン・解析に関する議論が盛んになっています.例として,ベイズ推測に基づくデザイン・解析を臨床試験で利用する際の助言・情報公開を目的とした米国FDAのプログラム(complex innovative trial design meeting program)や臨床試験の外部で収集されたデータ活用に関するガイドライン(ICH-E6[R3, ANNEX2]やICH-E11Aガイドラインなど)の設置・策定が挙げられます.ベイズ推測に基づくデザイン・解析は,オミクスデータに対する探索的解析など,臨床試験以外の場面でも方法論開発や実適用上の問題解決に向けた議論が盛んです.そこで本セミナーは,ベイズ推測の理論・実適用上の課題について,いま身につけるべき素養から最新の理論・発展的トピックスまで,幅広い内容を学ぶ機会を提供いたします.

【プログラム】

1日目〔12/14(木)〕

9:00開場 会場:5号館5534教室

9:30-9:35  開会のあいさつ

セッション  Part I. ベイズ推測の理論

9:35-10:35
生物統計家から見たベイズ統計学入門坂巻 顕太郎(順天堂大学)
10:40-11:40
押さえておくべきMCMCのエッセンス入江 薫(東京大学)
13:00-14:00
ロバストなベイズ推測菅澤 翔之助(慶應義塾大学)
14:00-15:00
階層ベイズモデルとその応用野間 久史(統計数理研究所)

セッション  Part II. ベイズ統計を用いた臨床試験

15:10-15:55
ベイズ流臨床試験デザインの実践平川 晃弘(東京医科歯科大学)

15:55-16:30  コーヒーブレイク

16:30-17:05
Hybrid controlのデザインと解析
① 総論説明野村 尚吾(東京大学)
17:05-18:10
Hybrid controlのデザインと解析
② 外部データが要約データの場合の解析手法大東 智洋(筑波大学)

19:00-21:00  懇親会

2日目〔12/15(金)〕

9:00開場 会場:5号館5534教室(午前) 5135教室(午後)

セッション  Part II. ベイズ統計を用いた臨床試験(つづき)

9:20-10:10
Hybrid controlのデザインと解析
③ 事前情報の定量化とデザイン時の留意事項澤本 涼(中外製薬)
10:10-10:40
Hybrid controlのデザインと解析
④ 臨床試験におけるBayesian dynamic borrowingの事例永久保 太士(GSK)
11:00-11:40
Hybrid controlのデザインと解析
⑤ 個人レベルデータを考慮したデザインと解析野村 尚吾(東京大学)

セッション  Part III. International Session; Complex Innovative Trial Design program and ICH-E11A

13:00-14:10
Lessons learned from challenges on Bayesian clinical trials in U.S.(仮題)Margaret Gamalo(Pfizer)

14:10-14:30  コーヒーブレイク

14:30-16:00
Methodological updates on the use of external data sources(仮題)Margaret Gamalo(Pfizer)

16:00-16:05  閉会のあいさつ

英語による講演、現地参加は定員100名

3.参加費について

本セミナーに参加する方の参加費用は以下の通りです.
正会員:6,000円(賛助会員は 1 名のみ会員参加費とする)
学生会員:無料
非会員:15,000円

  1. 非会員の方が参加申込受付時に学会へ入会いただく場合は,会員参加として受付をします.入会については日本計量生物学会(http://www.biometrics.gr.jp)をご覧ください.
  2. 日本計量生物学会では学生会員の年会費は無料です.この機に入会をご検討ください.
  3. 日本計量生物学会は,国際計量生物学会(The International Biometric Society)の日本 支部としても活動しています.国際計量生物学会は,各支部から拠出される基金をもとに発展途上国の研究者の援助をしています.本セミナーへの参加費は,この基金への寄付金(学生会員を除き,一人当たり約1,000 円)を含みます.参加者各位には,この点をご理解いただいた上で,本セミナーの趣旨に賛同して参加いただいたものとさせていただきます.

4.懇親会

12月14日(木)のセミナー終了後,講師をまじえた懇親会を開催します(定員50名).
日時: 12月14日(木)19:00~21:00
場所: ニクバル クオン
https://japanese-izakaya-restaurant-11618.business.site/
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町1−1 相澤ビル B1F
(セミナー会場より徒歩20分,飯田橋駅から徒歩1分)
参加費:5,000~6,000円(参加者多数の場合,5,000円となります.) ※セミナー申し込みの際に懇親会参加の有無をお選びください.参加費は当日現金でお渡しいただくか,前日までの銀行振込(振込手数料は参加者負担)にてお願いいたします.振込先は懇親会参加予定者に別途お知らせします.
※セミナー申し込み後,懇親会参加をキャンセルされる場合は,メール( biometrics2018seminar@gmail.com )でご連絡ください.また,以下のキャンセルポリシーに基づきキャンセル料が発生します.
・12月12日(火)正午以降のキャンセルまたは当日不参加:懇親会参加費を全額

5.当日の参加方法・キャンセルポリシー

詳細は後日,メールでご案内します(事前に申し込みをお願いいたします).本セミナー参加費お支払い後は原則としてキャンセルできません.重複したお申込みをされませんようにご注意ください.

6.試験統計家認定更新のための単位認定と参加証発行

試験統計家認定の更新を申請される方は,有効期間内に30単位を取得する必要があります.本セミナーは“5単位”となっており,1/6を満たします.単位認定をご希望の方は,登録時に「試験統計家の単位認定の希望有無」の項目で「希望する」を選択してください.現地参加の方には,受付時に出席確認をします.オンライン参加の方には,当日Zoomのチャット機能を利用して,そこに提示したURLを押下していただくことで出席確認を行います.確認タイミングはセミナー1日目・2日目の各1回としますが,そのいずれかで確認できれば出席したものとみなします.後日,単位認定を希望し,出席確認された方に受講証をメールでお送りします.また,希望者には試験統計家認定とは別に参加証を発行します.出席確認は試験統計家認定の確認と同じくZoomのチャット機能を用います.

連絡先

biometrics2018seminar@gmail.com
※ 当日の緊急連絡先は特設ポータルサイト内にて提示いたします.

参加申込

Copyright© 2024 The Biometric Society of Japan. All Rights Reserved.
Powered by Y WEB SYSTEM.

特定商取引法に基づく表記